読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクラマカン砂漠縦断ハイライト(その8)

10月23日(8日目)
 見学も最終日です。ホテル近くの公園では薄暗い中を太極拳等をしている人も沢山見受けられました。8時50分集合でまずはバザールへ。こじんまりしたしたバザールはまだ早いせいか品出しをしているお店が多かったです。旅に出ると地元のパンを御土産にするので今回はウイグルのナン。
焼き立ての薄いのと少し厚みのあるのを購入しました。最後は新疆ウイグル自治区博物

f:id:chizukoAchan:20151231114032j:plain

館です。旧石器時代からの文化財がが展示されており、シルクロードの交易で栄えた町で発掘された出土品は見ごたえがありました。

f:id:chizukoAchan:20151231114219j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231114312j:plain

また、民族風情陳列室には新疆に住む12の民族の衣装やアクセサリー、住居等が展示されていました。2階は古代ミイラの陳列室があり、1980年にタクラマカン砂漠の東にある楼蘭鉄板河遺跡で発掘された3800年前の”楼蘭美女”が横たわっていました。

f:id:chizukoAchan:20151231114530j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231114626j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231114728j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231114816j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231114855j:plain

14時に飛行場前の天縁酒店で遅めの昼食。16時35分の飛行機で宿泊地の瀋陽に飛びました。瀋陽には22時20分着。

f:id:chizukoAchan:20151231115040j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231115120j:plain

f:id:chizukoAchan:20151231115155j:plain

9日目は6時集合で8時30分の飛行機で成田へ帰って来ました。  
 写真は早朝のバザール、新疆ウイグル自治区博物館、唐三彩の置物、楼蘭美女発掘模様、楼蘭美女、復元像、民族風情陳列室にて、機内食ウルムチ瀋陽)、瀋陽からの帰国便と機内食です。警察官の多さ、セキュリティーの厳しさ、市内および郊外の大団地 と広い道路が印象に残っています。新疆ウイグル自治区は中国の中の異国だと感じました。