読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクラマカン砂漠縦断ハイライト(その2)

10月17日(2日目)
 うとうとしている間に集合時間の5時半になりました。7時40分発の中国南方航空ウルムチ(4時間)乗り替えてクチャ(1時間)へ14時25分に到着しました。
クチャは天山山脈の南麓に位置し、北疆エリアと南疆エリアを結ぶ街道の要所で亀茲国が栄えた土地です。住民の大多数はウイグル族イスラム教徒の町です。ウズベキスタンで見かけたような服装でスカーフをかぶった婦人が多く見られました。
スルーガイドは漢族の胡さん。バスで奇岩、奇石が続き断層や地層が縦に見えるダイナミックな地形で一部シルクロードにもなっている塩水渓谷を通り抜けキジル千仏洞へ。3〜9世紀に岸壁2キロに渡り造営された亀茲国の仏教石窟寺院の遺跡群です。亀茲国は前漢代に現れたオアシス都市国家後漢時代には西域都護府,唐代には安西都護府がおかれ西域支配の中心地として10世紀頃まで繁栄しました。玄奘もインドに向かう途中に立ち寄っています。
236の石窟のうち38窟(4世紀、音楽窟、天人が2人一組で琵琶、笛、鼓、竪琴等を持っている)、32窟(5世紀、ラピスラズリがきれいでした)、34窟(5世紀、天井一面に仏様の絵)、27窟(91の仏壇、巡礼者の残した手形)、8窟(7世紀、王の命により造られた)、17窟(40種類の物語の絵)を見学。
周辺は黄葉したポプラが綺麗でした。その後、漢代に3〜5キロごとに置かれたのろし台の一つのクズルガハ烽火台と見て夕食の民家訪問。ぶどう棚がある民家で夕食のラグ麺作り体験でしたが、朝からの移動で皆疲れていて誰も手を出しませんでした。21時半にクチャ飯店到着。

f:id:chizukoAchan:20151130052559j:plain

f:id:chizukoAchan:20151130052609j:plain

f:id:chizukoAchan:20151130052614j:plain

f:id:chizukoAchan:20151130052622j:plain

f:id:chizukoAchan:20151130052632j:plain

f:id:chizukoAchan:20151130052644j:plain